人工知能とAI経営の発達

とりわけ、今日(そうして今後)の技術進化は企業コミュニティのような社会の中間集団も猛烈なスピードで解体してしまいましたとしてかねない。史上、新たな技術が出現して浸透する過程では、いつまでもそうですけど、社会の仕掛けの急激な変容を迫る技術については、社会の側からの反発も手酷い。

だが、身体を持つ人間は、理屈で理解できたとしましても、身体のリズムを超えてあまりのスピードで変わるものを、急には受け入れることがでこない。そういう分野では、ここから猛烈な進化が期待出来る。

ところが、そんな一般消費者と直接左右されず、関連する人の間で理想的なWin-Winの関係を構築出来るビジネス分野は沢山ある。法律も未整備で整備のためのコンセンサスも容易には収束しないことも予想させられている。

中には理由を列挙できていありませんが『意味なく違和感がある』という感じの反対理由も少なくありませんが、このような理屈を超えた拒否感等の感情を覆すのは容易なことでない。というのも、直接一般消費者と関わりを持つ分野は、どうも潜在/顕在を問わない、忌避感、拒否感、あるいは倫理意識、宗教観等の壁にぶつかり、進歩が止まったりスピードが鈍りがちだ。

少なくても受容に時間がかかってしまう。これまで自動車工場に産業用ロボットが導入されました時のような、ほんの一部の工程に置かれて、人間の労働者に『聖子ちゃん』だの『百恵ちゃん』だの身に似つかわしくない名前をつけてもらったような牧歌的な時代とはわけが違う。

もちろん、自動運転車は事故を減らし、先端医療は患者の命を救い、ロボットは人手不足が深刻になる日本の救世主となることは確実だ。人工知能(およびその周辺技術)の浸透は、自動運転車やペッパーくんにみようかなロボットや、あるいは先端医療のような人目についたり、人の生死に関わったりする分野より、地味で目立たありませんが実効性の最高分野のほうが、浸透も進化も尚早し、今後はその差は尚更大きくなるだろう。