AIツールにはどのようなものがある?

これのクラウド会計ツールは中小企業のバックオフィス業務の負担を軽減する目的で作られていますが、そこにAIの技術を活用していますのです。また、経営分析ツールのSHARESは、自社の会計データをアップロードする事により、同業種の企業と比較し、助成金の申請や融資に関係する提案など、税理士や顧問弁護士にみようかなアドバイスを行ってくれるのでしょう。

本当は、こんなAIの技術を活用したソフトということは、既に我々の生活の中で使われ始めているのです。さらに、アマゾンにログインすると「あなたにオススメの商品」が表示されいるが、こちらもAIが購買履歴や商品閲覧から、消費者が興味を持ちそうな商品を推測し、表示していますのです。

具体的には、自動仕分け機能による勘定科目の自動提案、自動消し込み機能、不良債権の検知機能、不正データの検知機能などがあります。また、自動翻訳ツールしかし、AIの技術を活用してると言い伝えられています。

また、信託銀行などでは、年収や年齢などのデータを入れると、AIがおのおののプロフィールに最適な資産ポートフォリオを提案してもらうツールを提供しています。身近な例で言うと、グーグルなどの検索エンジンでは、検索結果のどのリンクを人間がクリックするかにより、検索ワードに比較する検索結果をAIが最適化するためになっています。

では、中小企業はAIツールを如何にいうに活用したら良かったのだろうか?たとえると、有名なものにクラウド会計ツールがあるのです。。

中小企業はAIツールで人材不足を補えるのも魅力の1つです。