AI秘書を用いた経営

AI(人工知能)に頼るだけでではなく、NIコンサルが長年培ってきたコンサルノウハウを注入しており、AI秘書はまるでAIコンサルタントとして機能することになるのでしょう。これまでの製造現場がそうでありましてしまったように、ホワイトカラー、オフィスワークにおけるも、ITやロボットに代替えられる仕事は省人化・機械化し、一方で生身の人間はより創造性を発揮し、質の屹々仕事が出来るようにしていくべきです。

AI秘書の頭脳SAI(SalesAssistIntelligence)の働きをご存知いますか?AI秘書の頭脳とも言えるSAIは、優れたマネージャーやコンサルティングタントみたいに、営業担当者が抱えている見込案件の進捗状況や面談者のレベル、商談のニュアンス等を読み取り、クロージングのタイミングを指導しましたり、中だるみとなった商談への介入を上司に指述べたりすることができます。人口減少社会に突入した我が国におきまして、すべての企業は労働力不足という、避けて通ることのできません課題に直面しているのです。

こにみようかな時代背景における、NIコンサルは、もはや我が国では、より多くない人数で生産性を上げる「省人数経営」へシフトするのしかないのではないと思っています。NIコンサルティングの提供する営業支援システム『SalesForceAssistant』は、システム内に蓄積されましたデータやNIコンサルティングの培った知見をベースに、ユーザー専属の電子秘書が営業活動をアシストする、省人数経営、人口減少時代の新たな働き方を支援するITソフトです。

世の中的課題である人口減少による労働力不足を補う「一人にひとり、AI秘書。AI秘書の導入によりまして、貴社の営業マネジメントレベルを飛躍的に高め、なかなか採用できません優れたマネージャーや壮大フィーのコンサルタントを不要にしまして、営業生産性の向上と共にコストダウンも実現してほしい。